baby_edited.png

​お母さんからの感想

 

日本に長く滞在していると、文化の違いで

自分らしく居られない事にとても困惑していた時に、自分らしく会話が出来たことが

とても嬉しかった。出産前後、本当は不安な気持ちだった事を

話せた事も良かったし、自国(アフリカ)とは異なる様々な申請書や提出物などあったので、

産前から、色んな情報を聞いておく必要があったと思う。
 

30代女性 S.K (出産ドゥーラ体験 2020年)

 

出産アートを体験し、自分では気付かない感情を知る事が出来た。

絵を描く事は苦手だけど、「絵が完璧に描くことが目的でなく描くまでの過程が大切」

の、言葉が妊娠出産と似ているなと思った。

 

30代女性 A.Y(バースアート体験 2020年)

 

お産に対する不安を、リアルタイムで共有してくれるから安心感が得られた。

出産経験者だと、前回の出産の事を忘れていたり、こうだ!と決めつけたりすることが多かったし、
自分の心身的な変化や不安など夫には理解し難い部分もある中、精神的に寄り添いやすい存在がドゥーラだった。

電話だけじゃなく、Zoom、LINEなど連絡の手段が多いのは助かった。

(1つの手段だけだと時間を割くのが難しいことも多い。)

上の子のお産の時の振り返りや、その時に感じていた気持ちの整理が出来た。

市役所に母子手帳取りに行く時にドゥーラの

紹介があったらいいのになと思った。

 

30代女性 K.A(出産ドゥーラ体験 2021年)

4人目の妊娠ということもあり、上の子どもたちに意識がいきがちだが、ドゥーラと関わっていく中で、

赤ちゃんにフォーカスすることが出来る大きなきっかけになった。

すぐにドゥーラに連絡取れるのでいつでも安心して些細なことも相談でき、近い距離で話せた。

また、(出産時に)こうしたい!などの理想を話せたり、出産について多くの事を知る機会になった。

(バースプランがある事は知っているが、病院で出来ることが限られるし、

実際病院内で何が出来て、何が出来ないのか知らなかった事が多かった。)​

 

30代女性 M.A(​出産ドゥーラ体験 2021年)

何とかして「あの出産」について納得したい。と思っていました。

何かそんなに考えなくて、ふと感じた事でした。

でも本当に、薬。ですね。

少なくとも7年前から自分を責め続けていて、その事に気付いて、責めなくていいんだよーって、

ちょっとした事でも、自分に言い聞かせてます。

きっとこれで私はちょっと強くなれるし、自分に優しくなれると思います。

まだまだ掘り出せるもの…いっぱいありそうですが、郁美さんの言葉や、導き方、など思い出しながら、

自分で処方出来たら更にラクになりそうだと思います。

 

30代女性 C・T(バースストーリー・メディスン体験 2021年)