糸の環

更新日:3月8日

2021年7月23日糸の環 @alieto_tsuchitonaritsuchitoaruさんにて開催しました。


会がスタートする前から、「お久しぶり。」や「元気?」と既に何人かの方々が顔見知りの様子でした。


円座になり、参加者の方々がペアになって自己紹介。ペアになって話をする中で、繋がりが見つかり皆さんの止まらない話と笑顔が印象的でした。


会が始まり、私もそれぞれの話に引き込まれ、個々の気持ちや、当事者と自分自身の視点の違いに何度も気付いたひとときでした。


今回参加された方々の立場や、環境が多様で異なっていた為、感じたことが多々ありました。


・一人一人にそれぞれの感じ方、思い、悩み、不安、喜びがあること。そして、それが一つ一つ正解・不正解の枠に収まらないこと。


・データや統計的なものでは判断できないもの。カテゴライズできない気持ち。また、日々変化していくこと。


・1人の「わたし」として、対応してもらいたい想い。


「お産」をする過程や、そこまで行き着く道、「お産」を経験しなくてもやっぱり私たちは同じ「女性」であって感じることや、共感することが多くあって一緒に涙し、笑い、頷く時間が多く充実した時間を過ごしました。


ここに言葉として残すことも戸惑うほどそれぞれの思いは、大きく言語化するまでには、時間がかかりそうです。そして、限られた短い時間内で断片的でしか見聞き出来なかったこと。沢山の想いを皆さんから感じ取り、一緒に過ごせ感謝の気持ちでまだまだ一杯です。


参加された皆さま、有難うございました。


また、会の終わりに美味しいランチやデザートを出してくれた @alieto_tsuchitonaritsuchitoaru のわたるくんとさっちゃん。2人がいたからこそスムーズで心地よく、参加費の皆さんの笑顔が多くて始まりから終わりまで和やかな時間になりました。ありがとう


そして、今回も涼し気なハーブとお花を用意して頂いた@mizutoki_worksさん。

会の最後に参加された方々それぞれが自分の為のミニブーケお持ち帰られました。


次回は9月25日(土)に「ながらたぐるプロジェクト」アリエトさんにて、開催予定です。

お産の体験の気持ちを色に表し、手を動かしながら作成し、話をする会です。ご興味あられる方は是非いらして下さい。

.


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示