ながらたぐるプロジェクトについて

更新日:3月8日

ご自身が体験された妊娠期、お産についての思いを言葉でなく手芸を通して表現します。


一人一人の体験を縫いながらその時の気持ちを手繰っていく。言葉にできない思いを同じ場にいる人がふとした言葉を使うことで腑に落ちることも。


一人一人が目の前にある妊娠期や出産時に使っていた一つの布に、ご自身の感じたことを縫い、最後には全てを縫い合わせ大きな一つのタペストリーを作り上げます。


WSでは、始めにプロジェクトに至った短い話と、縫っていくデザインについてお話しします。デザインを、それぞれ下書きし、布に写して縫い始めます。


縫っている間はその時のお産について自分が感じたことお話しする時間です。


ルールは一つだけ。


その人のお産の体験はその人本人しかわからないことで、ジャッジすることはせずにただただ他の方のお産についてご本人が話したいこと聞く。それだけです。時には、思い出して一旦手を止めてもいいし、話に夢中になって手が止まっても構いません。それぞれの時間、それぞれのお産が違ったように進め方とそれぞれだと思います。


裁縫が出来る出来ないも問題ありません。なみ縫いをしていくだけです。


今後【ながらたぐるプロジェクト】は定期的に開催する予定ですので、1回で仕上がらなければ、次回開催時に参加されてもいいですし、また別のお子さんのお産のことを思い出しながら別の色と布で参加されても構いません。どうぞお気軽にご参加ください。


来月8月9日(月祝)9:00-12:00 @atelier.midoka さんにて開催します。


【参加人数と参加費】 5名様 2,500円(材料費込お茶付)

当日お子さん連れの方はおんぶする事が可能な方のみとなります。

針を使ったり、スペースを要しますのでご了承くださいませ。


【対象者】妊娠出産された方(流産死産含む)

ただし、参加前、参加後に簡単なアンケート記入が必須となります。


【持ってくるもの】ご自身の出産、妊娠期に使っていた布(布おむつ、赤ちゃんの肌着、使っていたさらしなど。色は問いません。返却できませんので、選んで不要なものをご持参ください。大きさ、サイズは後ほどお伝えいたします。)


【当日の流れ】

9:00-プロジェクトの目的とデザインについて説明します。

9:20-ご自身のお産へ感じた色を選び、デザインをそれぞれ描き、お産の体験や気持ちを話しながらそれぞれ縫っていきます。

11:30-片付け、クロージング

12:00退出


【今回タイミングが合わない方へ】

12月まで定期的に @atelier.midokaさんで

糸の環とながらたぐるプロジェクト開催予定です。(日時の変更ある場合がございますので、ご了承くださいませ。)


7/11現在の予定

9/12(日)糸の環 10:00-12:00

10/10(日) ながらたぐるプロジェクト9:00-12:00


11/14(日)糸の環10:00-12:00

12/12(日)ながらたぐるプロジェクト9:00-12:00


【お申し込み、お問い合わせ】

@atelier.midoka さんまたは @ikumi_birthdoulaへ以下を書いてお申込下さい。


1.お名前

2.メールアドレス

3.参加の動機を一言添えてください。(一言だけでなく長文歓迎です。)


皆さんとお会いできますこと楽しみにしております。


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示