top of page

お産の振り返りと子育てを想う会

Umiのいえの斎藤麻紀子さんが福岡県大野城市に!


数年前に横浜Umiのいえに初めて行き「この場所はなんなんだ!」と衝撃を受けました。

いろんな人が居て、みんな名前やニックネームで呼び合って、赤ちゃんも、子どもも大人


「女将」と呼ばれていた麻紀子さんと初対面だったのにスッと受け入れられた感覚を今でも覚えてます。


それから暫くしてコロナ渦になり始まったオンラインの助産塾。 スタッフとして関わることになり麻紀子さんと話をすると、様々な状況のお母さんたちの話を聞く中で共感、葛藤、憤り、悲しみいろんな感情が出て毎回話をすることが楽しい。(もちろん楽しいだけではないけれど・・・)


麻紀子さんは言葉にできない感情を言語化してくれる人だと私は感じています。

と、いうのもドゥーラとして、妊娠期から産後まで関わっていく中で、自分のこと、ましてや自分の気持ちを話す機会が今まで少なかったと私を始め、多くの女性たちもそうなんじゃないかな?と感じています。


これから、ここ福岡でお産の話や、妊娠期から産後までの話などする機会を作っていこうとしていたときに、麻紀子さんの来福で後押しされ、麻紀子さんと一緒に円になって話す会を開催します。


「Umiのいえってどんなとこ?」「麻紀子さんてどんな人?」と思って参加するのもよし。 オンラインでしか会った事なかったから会ってみたい!でもよし。 麻紀子さんは知らなかったけど他のお母さんたちと会ってみたい。でももちろんどうぞ。

お気軽にいらしてください。


日時: 2023年3月6日(月) 9:45 受付開始 10:00-12:00 お話し会 12:00-13:00 ランチ(お弁当)、質問、フリートーク、シェアの時間

場所:大野城市中央コミュニティセンター(P有)

参加費:2,500円(お弁当付)

定員:15名(お子さま連れOKです)

申し込み:氏名・メールアドレス・電話番号を記載してメッセンジャーでご連絡ください。後ほど参加申し込みフォームをメールアドレスへお送ります。

申し込み締切:3月2日(木)


麻紀子さんからのメッセージ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: どんなお産でしたか? 胸に刻まれた喜び、悲しかったこと、学んだこと、 目が開かれたこと、今でも心にひっかかっていて苦しいこと・・・ お産のしこりは、話して少しでもとかしていこう。 お産の喜び、心に得たことは、話してもっと心の糧にしていこう。 お産はそれまでの生き様が吹き出てきたり、これからの子育てや人生にも響いていくものですね。 次のお産にむけて、また、子どもに向き合うことにも、 何かが胸につかえているようだったら、気持ちを整理してみましょう。 お産の体験を癒すこと、そして未来につなげること、その両方の聴き語り合いのピアカウンセリングのワークショップです。 こどもはたくさんの宿題を与えてくれます。 気取らず、競わず、比較せず、でも大切なことにはこだわって子育てできたらいいですね。 たまにはじっくり「これでいいのかな?」と自問自答してみませんか。


【ファシリテーター】 齋藤麻紀子 (Umiのいえ代表) 私は医療者ではありませんが、助産師と共にお産の市民活動をしてきました。その中で、「お産の振り返りの会」は20年になりました。これまで産んだばかりの人から、産後10年過ぎた人まで、ご参加いただきました。 お産の体験は、身体にも心にも残り、子育てにもひずみを起こしていることを常々感じます。 色あせない風景、死ぬまでもっていくような苦い思い、骨身にしみこんだもの、自分自身が成長をしたこと、目が開かれたことなどを、どうしてこのお産を体験することになったのか、その答えを決めつけず、ぼんやりとみつめてみます。そして、ご本人の気づきをそこにいるみんなで味わいます。


皆さんとお会いできること楽しみにしています。





閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page