Image by Paweł Czerwiński

​出産アート

アートをすることが出産にどう関係し、

未知なるものへの備えとして、どのような効果があるのでしょうか。

出産についての情報は、過去のどの時代よりも多くなっています。

Googleで「出産」を検索すると、約 2億5千400万 件ページ以上が表示されます。

出産をテーマにした無数の本、ブログ、ポッドキャスト、ビデオ、記事など。

それなのに、出産時のトラウマは、急増しています。

もしかすると、これだけある情報には何かが欠けているのかもしれません。

出産の準備は、これらのインターネットの情報である事実やデータを集めるだけでは不十分なのかもしれません。

 

実際に、現代の医療環境や一般的な医療行為、陣痛時の体の動きなどに精通していることは

出産の準備として大切ですが、それだけでは最後までやり通すことはできません。

出産は単なる生理的な出来事ではなく、変化をもたらすプロセスです。

出産する人は、どんなに情報があっても

少なくとも1回は驚き、疑い、ショックを感じる瞬間に直面することがあります。

このような瞬間のために知識を準備することは可能ですが、データや統計だけではできません。

 

出生前の準備でアートを行うことは、母親に創造的で直感的な心へ移行する経験を与えます。

そこでは、通常の脳波の状態ではできなかった、

より深い信念、洞察力、イメージ、解決策にアクセスし始めることができます。

アートをする機会を与えられたとき、多くの方々は、陣痛時と同じように、

疑問や不安、圧倒された気持ちになるでしょう。

未知の世界に足を踏み入れ、創造的なプロセスの無防備さに身を任せることで、

母親は慣れない海を泳ぐ練習ができます。

「疑惑の扉」(「私は大丈夫だろうか」「私にできるだろうか」)と向き合い、

そこから小さな一歩を踏み出す方法に興味を持つことができると思っています。
 

オンラインや対面式のセッションで

出産準備をより深いレベルに引き上げることができます。

 

パム・イングランドは、『現代の出産のための古代の地図』(Ancient Map for Modern Birth著Pam England)の中で、出産という通過儀礼を通じた心の旅に備える方法をまとめています。シンボルの理解と使用、物語を語ること、

自己分析、アートメイキングなど、幅広い準備の方法が紹介されています。

費用 2,000円/1回(約2時間)